1月
20
2014

ムダ毛処理の難しさと奥深さ

私が自分はムダ毛がとても濃いと感じたのは、小学校の低学年の時でした。

何だか男の子より腕の毛が濃いと気づいてからは、恥ずかしくなってきた感じでした。最初はムダ毛処理のやり方も分からないので、そのままでしたが、夏になり半袖になると同級生の男の子にからかわれるようになり、悩み始めました。

その時は親に言うのも恥ずかしかったので、自分でハサミで濃くて長いムダ毛を切って少しでも薄く見せていました。

その後、中学生になると毛深くない同級生の女の子達もムダ毛を気にするようになったので、ドラッグストアにある脱毛剤を買ってムダ毛処理をする事をやってみました。

そうしたら、私の場合もともと肌が弱いので真っ赤にかぶれてしまいムダ毛は処理出来たけど肌荒れを起こして断念しました。

でも、何もしないと酷いムダ毛なので、今度は毛抜きで抜いてみる事にしました。

量が多く大変ですが、その方法は今までで一番肌がキレイに見えて自分でも感動しましたが、喜んでいたのも束の間で、数日経つと毛穴から埋もれ毛が次々と出来てしまい、結局失敗でした。

お金を掛けずにムダ毛処理に適しているのは、一番シンプルな方法ですがカミソリやシェーバーで処理をする事かもしれません。

脱毛 金沢
金銭的な余裕があるなら、脱毛サロンが一番ですけどね。

Comments are closed.