1月
21
2015

どんな仕事でも、仕事に対する姿勢が大事!!

私が前に病院で外来の窓口の仕事をしていた時の話なのですが、一緒に働いていた看護婦さんとすごく仲良くなって、仕事以外でもその看護婦さんの家へ遊びに行ったり、
ごはんを食べに行ったりと付き合いをするようになったのですが、私はその看護婦さんの仕事に対する姿勢がすごく好きでした。

看護婦という職業って、患者さんと接している時間が長い訳ですが、その患者さんとの距離も難しいのです・・・看護婦さんだけじゃなくお医者さんもそうだと思うのですが、あまり事務的でもいけないし、あまり患者さんの事情に踏み込みすぎてもいけないので、患者さんと少し距離を置きつつも患者さんのこともきちんと把握しないといけないみたいな・・・そんなところがあります。

でも、何よりその看護婦さんには仕事の中に心が存在していた!!という事・・・。患者さんの気持ちになって、接していたという事。注射や点滴が上手いだけではなくて、ほんとに看護婦の原点であるナイチンゲールに近い感じでした。私も看護婦ではなくて違う道ではありますが、その仕事に対する姿勢というものに少しでも近づけたらな~と思います!!

Comments are closed.